仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを作成してみた

ネオリです。

私は現在coincheckのみで仮想通貨投資をしていますが、別の通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)にも登録して、どんな感じが見てみることにしました。

始めたばっかりの頃は、

「え?同じ仮想通貨だから、どこか一カ所で取引すればいいんじゃないの?」と思っていました。

でも、いろいろ調べてみると、取引所によって扱っている通貨の種類やレートが違うなどそれぞれ特徴があるんですね。

まぁ、同じ株取引をするにも、証券会社によって特徴があるのと同じようなものなんでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)への登録

まずはビットフライヤーのホームぺージへアクセス。

 

アカウント作成という欄にメルアドを記入。

※FacebookやYahoo!ID、Googleを使ってのアカウント作成はセキュリティ上NG!

何かでそれらのIDやPWがわかってしまったら、紐づけされてbitFlyerにもログインされてしまう可能性があります。

 

すぐに以下のようなメールが届きます。

 

もとの画面にもどり、メールに記されているキーワードを画面にコピペして、アカウント作成ボタンをクリック。

 

以下の4項目にチェックを入れ、

  • ご利用規約とプライバシーポリシーに同意します。
  • 仮想通貨取引におけるリスクについて理解しました。
  • 私は米国の居住者ではありません。
  • 取引時交付書面を読んで理解しました。

 

bitFlyerを始めるボタンをクリック。

 

次に本人情報の登録に進みます。

 

必要情報を記入。

 

登録情報が正しいことを確認して「ご本人情報を登録する」ボタンをクリック。

 

続けて本人情報も提出してしまいましょう。

 

本人確認資料としては以下のものが使えます。

↓↓↓

※住民基本台帳カードが手元にあるので、私はこれを使いました。

 

指定の書類の表裏をスマホで撮影して、ファイルをそれぞれアップロードします。

 

※coincheckでは、書類を持った自分の姿を撮影させられましたがこちらは書類のみでOKみたいですね。

 

続けて、取引目的等を確認するステップへ。

 

取引目的などについて、当てはまる項目をチェック

 

ちなみに、「外国の重要な公人」という聞きなれない言葉が・・・

こういうことらしいです。(もちろん私は当てはまりませんが。)

 

続けて、銀行口座情報を登録します

 

bitFlyerへ振り込む際の振込み元口座を登録します。

 

銀行口座情報を確認して登録。

 

とりあえず、これで銀行口座情報まで登録できました (;’∀’)

 

さて、ホームに移動すると、「ウォレットクラス」という表示があります。

 

 

んんん?

これは何なのか、というと、

 

 

つまり、ウォレットクラスでは、仮想通貨の預け入れはできるけれど、購入や売却はできない、という感じですね。

 

ウォレットクラスからトレードクラスにアップグレードして、通貨を購入するには、「転送不要書留郵便」を受け取る必要があるとのこと。

(これはcoincheckと同じ。)

 

とりあえず、郵便が来るまで待つことにします。

関連記事

仮想通貨取引所 Zaifの口座開設・本人確認のステップまで

cryptobridgeの登録と使い方~入金・送金方法は?

CryptoBridge(クリプトブリッジ)から出金(送金)する手順!ヒヤリとし...

zaifのアカウントの安全性と二段階認証のやり方

仮想通貨取引所 Zaifの口座開設(続き)郵送による本人確認完了!

簡単★ビットコインを含む仮想通貨の買い方【コインチェック編】