エアドロップで仮想通貨を無料で手に入れられる!?メリットとデメリットのまとめ

ネオリです。

「仮想通貨投資」の方法も、去年(2017)と少し傾向が変わってきましたね。

単に仮想通貨を購入するだけではもう稼げない時代が来たってことでしょうか。

今日は、無料で仮想通貨を手に入れる「エアドロップ(AirDrop)」というシステムについて書いてみようと思います。

仮想通貨エアドロップ(AirDrop)とは?

「えっ!?そんなタダで仮想通貨がもらえるなんて、新手の詐欺でしょ!」

と思った方もいるかもですが・・・

エアドロップ(AirDrop)自体は詐欺とかでは全くありません!

以前のユニゾン(Unizon)に関する記事でも書きましたが、

エアドロップ(AirDrop)というのは、ブロックチェーンプロジェクトが無料トークンやコインを無料で配布すること、です。

なぜ無料で?かというと・・・

新しく開発されたプロジェクトは、最初は無名なわけです。

誰も知りません。

ですので、そのプロジェクトの知名度を上げるために、無料でトークン、コインを配布します。

配布時には、その人のアカウントを作成してもらうので、正式販売前の事前登録という意味もあります。

例えるなら、スマホゲームの事前登録みたいなもの。

正式なリリース前に登録しておくと、何か特典がもらえたりしますよね?

あれとほとんど同じ。

エアドロップに参加すると、そのプロジェクトに事前登録して、特典として無料でコインがもらえるのです。

仮想通貨 エアドロップの受け取り方は?

これはプロジェクトによって多少違いがあったりしますが、通常は、

1.ウォレットを準備する

2.メルアドで登録

この2つでしょうか。

仮想通貨ユニゾン(Unizon)トークンのエアドロップの場合ですが、

メルアドでユニゾンに登録するだけで、40UZNを手に入れることができました。

実際にユニゾンが上場して、受け取ったコインで取引する際に本人確認が必要となるとのこと。

 

別の例ですが、今現在エアドロップ中の奏コイン(Kanade Coin)は、

MyEtherWalletというEthereum用ウォレットを準備して

メールアドレスを登録するだけでコインがもらえるとのこと。

 

また、ツイッターのアカウントをフォローしてリツイートしたらコインをプレゼント、というやり方も見かけますね。

仮想通貨エアドロップ(AirDrop)のメリットは?

これはもう、タダでコインがもらえるということに尽きますね。

実際に上場してみないと、そのコインがどの程度の利益となるかはわかりませんが、値上がりしなくてもタダなので、もらっておいて損はありません。

仮想通貨エアドロップ(AirDrop)のデメリットは?

前述のように、エアドロップは無料でできるので、デメリットは何もありません。

仮に、「上場したら値上がりして儲かるぞ!」と期待していたコインが、ふたを開けてみたらほとんど値動きしなかった・・・ということもあるかもしれません。

とはいえ、もともと無料でもらったものなので、懐が痛むことはないですね~

ま、「上がらなくて、ガッカリすることもある」というのが、デメリットと言えば、デメリットかな?

まとめ

エアドロップは、プロジェクトが事前登録と知名度を挙げたくて行う無料配布イベントです。

無料でもらったコインが上がるかどうか?は上場してからのお楽しみ。

なんにせよ、タダなので、もらっておくに越したことはないですね~^^

関連記事

ビットコイン8月1日問題を私なりに理解したが・・・やっぱ暴落かな?

仮想通貨投資、今はお勉強しとく時期なのかもしれないね

ビットコイン の急落と急騰!2017年8月の後悔・・・

モナーコインってどんな仮想通貨?取引所や将来性、使い方

投資初心者が仮想通貨投資を学ぶには

ビットコインゴールドが10月25日に誕生?!BTCホルダーがもらえるって本当?